介護のリフォームで便利住宅完成〜快適介護秘話〜

事業所で選ぶ

介護支援ソフトを導入することで、業務の効率化とコスト削減の2つの効果を得ることができます。とくに最近は、ASP型が新たに導入されたことにより、介護支援ソフトを低価格で利用することができるようになりました。ASP型はインターネットがあればどこでも利用することができるので、利便性も高まり、ASP型に乗り換える事業所も増えています。今後はASP型の普及とともに、低価格で操作性の良い介護支援ソフトが選ばれていくと考えられます。それぞれの事業所のニーズにきめ細やかに対応できるかどうかも重要なポイントです。介護支援ソフトを利用する事業所は、豊富な選択肢の中から、それぞれの事業所に合ったサービスを選ぶことが大切なポイントになります。

介護支援ソフトを選ぶときは、いくつか注意すべき点があります。介護支援ソフトは、料金面やサービス内容を比較検討することも大切ですが、サポート体制がきちんと整備されているかどうかも大事なチェックポイントとなります。介護支援ソフトでトラブルが発生するのは、サポート体制がしっかりしていないメーカーに多いようです。サポート体制がしっかりしていないソフトの場合、緊急時に連絡がとれなかったり、疑問や質問などに対応してくれず、バージョンアップ時に別途費用を請求してくるケースなどがあるため、注意が必要です。介護支援ソフトを選ぶときは、料金やサービス面だけに注目せず、サポート面がしっかりしているかどうかを確認することが必要不可欠です。