介護のリフォームで便利住宅完成〜快適介護秘話〜

高齢者が過ごしやす

バリアフリーを目指したリフォーム

現在日本は高齢者が増えており住宅の設備にも、高齢者が暮らしやすい環境が求められている現状です。住宅を高齢者や障害者にとって暮らしやすくすることで、健康を維持する事ができ長生きする事ができるのです。 高齢者が住宅の生活で不自由なく生活できるように、障害をとりのぞく事をバリアフリーというのですが、現在そういいったリフォームが盛んに行われているのです。ここではバリアフリーのリフォームで知っておいた方が良い知識を紹介していきます。バリアフリーのリフォームにおいて、一番重要になってくるもの介護しやすい住居を作るという事です。介護しやすい住居というのは、高齢者や障害者にとっても安全で暮らしやすい住居になるのです。

車椅子での生活を考えることが大切

どういった間取りにすれば高齢者にとって暮らしやすいかといえば、できるかぎり移動距離を短くするような間取りを考えることが大切です。特に高齢者は寝室からトイレまでの距離が近い事が肝心です。できれば寝室からトイレまでは、手すりを取り付けるようにリフォームする事が大切です。トイレと風呂への動線において、段差をなくすリフォームを心がけることが重要です。可能ならば廊下の幅を広げる事ができれば、車椅子での取り回しも楽になるのです。 バリアフリーとして考えると、扉は引き戸に全て変更すると良いです。引き戸は車椅子でも安心して通行可能です。こういったバリアフリーのリフォームをする事で、介護する側される側両方の生活が楽になるのです。