介護のリフォームで便利住宅完成〜快適介護秘話〜

快適な生活を

知っておくと良い情報

脳梗塞などを発症すると後遺症として体の片側に麻痺が出ることが多くあります。麻痺の程度は人によって異なりますが、健康な時に比べたら生活に支障が出ることも多く、特に高齢者の場合は生活全般において介護が必要となってしまうことも少なくありません。 そのような場合、生活しやすいように自宅をリフォームすることで、自分で出来ることが増えたり介護の負担が軽減されます。 代表的なリフォーム例としては、立ち上がったり歩きやすいように手すりを付けたり、床の段差を取り除いてバリアフリーにしたりする方法があります。 バリアフリーにすると車いすでも移動がしやすくなるので、生活の幅が広がりますし、病院では自宅で生活をすることを踏まえたリハビリを行ってくれます。

工夫することで得られるメリット

体が不自由になった高齢者が自宅で生活するためにリフォームをする場合は、要介護認定を受けると介護保険を使用してリフォームをすることができます。 介護保険では20万円までなら工事費用の1割だけの支払いで済むため、経済的負担を軽くすることができます。 また、介護保険では病院だけではなく、自宅でリハビリを受けることも可能になります。入院中に病院でリハビリを受けていても、自宅に戻ると勝手が違って思うように動けなくなる高齢者もいますが、リフォーム後の住宅で生活に密着したリハビリを受けることによって、安全な動き方がマスターできて生活がしやすくなります。また、家族が介護指導を受けることによって負担も軽減することができるようになります。