介護のリフォームで便利住宅完成〜快適介護秘話〜

  • 快適な生活を

    自宅を介護リフォームすることで、介護の負担を軽減させることができます。更に、バリアフリーにすると車いすでも移動がしやすくなるので、生活の幅が広がります。リフォームは要介護認定を受けると出来ます。

    ▶もっと読む

  • 高齢者が過ごしやす

    高齢者にとっての障害を取り除くバリアフリーのリフォームが盛んに行われています。そうすることで、高齢者はより安心、安全に暮らす事ができます。移動距離を短くするような間取りを考えると良いです。

    ▶もっと読む

修了すること

介護職に就くなら、介護職員初任者研修の資格を取得した方が良い

高齢化の急速な進展により、介護を必要とするお年寄りが増加しています。 それに伴い介護職員の求人が増え、介護職に就く人が年々増えています。 介護職員初任者研修とは、2013年3月までは「旧ホームヘルパー2級」という名称で呼ばれていました。 今でも、介護職員初任者研修よりもホームヘルパー2級という名称の方が理解できる人も多いかと思います。 この介護職員初任者研修の資格取得者が、基本的な介護の仕事をすることができるわけです。 ですから介護関連の会社で働いている人は、この介護職員初任者研修の資格取得を取るように求められることが増えているのです。 因みに、すでにホームヘルパー2級の資格を取得している人は介護職員初任者研修修了者とみなされますので、その方は今まで通り介護の仕事ができるようになっています。

資格取得のための受講料は学校によって違うので、比較検討してから決める必要がある

介護職員初任者研修を取得するためには、修了試験に合格する必要があります。 特に終了試験は難しいものではありません。 介護職員初任者研修の研修時間は、130時間となっています。ですから、130時間勉強して、その後に終了試験を受けることになります。 ホームヘルパー2級では修了試験はありませんでしたが、施設実習が必要でした。 介護職員初任者研修は、修了試験はあるのですが施設実習はなくなったので取得する負担が減ったと言えます。 介護職員初任者研修を取得する為に設けられてる資格の学校は、全国にたくさんあります。 中には1ヶ月で資格が取得できるようにカリキュラムを組んでいる学校もあります。 資格取得のための受講料は、学校によって大きく違います。 時期や地域によっても違いますが、安い学校では6万円代で受講し資格を取得することも出来ます。 しかし中には15万円以上する学校もあります。 ですので、学校によって値段は大きく違います。 介護職員初任者研修の資格取得のために学校に通うことを検討されている方は、インタネット等を参考にして比較検討し、どの学校に通うかを決める必要があります。

事業所で選ぶ

介護支援ソフトをは業務の効率化とコスト削減の2つの効果を得ることができます。選ぶ際には注意も必要です。事業所はそれぞれの事業所に合ったサービスを選ぶことが大切なポイントになります。

▶もっと読む

  • 伝送のソフトの紹介

    高齢者が多い日本では多くの介護施設が存在しています。それほどに介護が必要とされているため介護施設が設けられていてその介護施設の方が利用したいのが伝送のソフトなのです、

    ▶もっと読む